Twitter@udanao


by udanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

居場所

b0010191_2114936.jpg


自分が孫という存在でいていい場所がそこにあるということが
今の私にとってどれほどの救いだろうかと思う。
私の最近の美術の様子を気にしてくれたり、
会社ではどうしてるのかを聞いてくれたり、
小さい頃どうだったかとか、
おばあちゃんが何て言ってたかとか、
どんなことがあったって、ここに至るまでの自分を見ていて、
応援して来たんだよって全力で示してくれる人が
私の目の前で話しているということが、
いつでも味わえる当たり前のことではないんだと
そんなことはずっと前からわかっていたはずなんだけど、
心の奥まで染み渡る。

おじいちゃん特製の青リンゴサワーを飲みながら、
おじいちゃんのお母さんが作ってたレシピを思い出して煮たという蕗をつまみ、
近所の中華料理屋からラーメンを取って食べて、
お茶を飲みながらイカの煮物とか漬け物を味わったりする。

たくさんの些細な事の中に日常があって、
そんな日常こそが、一番愛しいのかもしれないと思う。
今日も寝て起きて、いつものように朝が始まって、
誰かが出かけて、夜になったらみんなが帰って来て、
ご飯でも食べながらくだらない話で笑ったりテレビを見たりして、
そんなことが続いて行く中で、人は命を受け継いで行って、
いろんな決断をしたり、旅だって行くのだろうと思う。

葬儀の時に祖母の妹は、おじいさんをよろしく頼むね、って私と妹に言ってた。
祖父は、自分の弟と、次の人生があるとしても
またお前と兄弟に生まれたいなと話したらしい。

家族という大きな波のような川のようなものの中に自分もいて、
長い物語の中の今に居合わせたのだと思うと何だか不思議な気持ちになる。
今は孫の立場の自分が、いつかおばあちゃんという立場になったりして、
また遠くに何かをつないで行くのだとしたら、
時間が流れて行くことも、人生というのも、
何だか悪くないのかもしれないと最近の私は思っています。
[PR]
by udanao | 2012-05-12 02:34 | life