Twitter@udanao


by udanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

umbrico

b0010191_1153612.jpg


大好きだったクラスが今日で終わった。
ゆいトレカが生まれたのもこのクラスだったし、
私が写真を撮り続ける意味について考えさせてくれたのも
この先生だった。
毎週、3時間弱しか会ってないのに、
この先生は私のことをよく見ていてくれたと思う。
大して発言もせず、妙なものを作り続ける私を
暖かく見守っていてくれた。

今日の最後の授業は、各自が街に作品を設置するという課題だった。
必要以上に張り切る生徒たち。
予想外の傑作が並び、
みんなで大爆笑しながら街を歩き回った。
そして、私の番が来て、ゆいのトレカを見せた。
先生は、トレカセットを欲しがってくれた。
「このプリクラの写真を使ったカードが好き」なんて言いつつ。

「なおのこのトレカプロジェクトの裏には
17歳という年齢の儚さ、切なさ、大切さを閉じ込めたい、
という願いがあるんだろうね」
って始めに言ってくれた先生だからこそ、
私が何でこんなに熱心にやってるかわかってるんだろう。

私の作品を初めて見た時、この先生は
「心の傷って、治したり忘れたりするものじゃなくて、
じっくり向き合って考えた向こうに、
何か大事なものを見るためのきっかけだと思うんだ」って
言ってくれた。

いい人に出会えてよかった。
[PR]
by udanao | 2005-04-24 11:26 | art