Twitter@udanao


by udanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

reward

b0010191_2337347.jpg


春休みに夢中で手伝った雑誌が出来たらしく、
今日うちに届いた。
New York Renaissance特集のページを見てみると、
懐かしい場所とか、インタビューした人たちが続々と出て来る。

自分が通訳した内容が、かっこいい感じで記事になっている。
あんなにしどろもどろだったのに、いかにもそれらしく聞こえている。
ライターの方ってすごいもんだ。

あんな過酷な条件で撮影された写真なのに、
とてもわかりやすい。
NYとはどんなところか、をうまく伝えてる気がする。

ちょっと参加しただけなくせに、
この雑誌が無事生まれたことがなんかうれしい。
そして、それを手にしつつ、ニヤニヤしてしまう自分。

もしも、いつの日にか、
自分の写真と文章が載った雑誌が出来た日にも、
私は今日と同じうれしさを味わうんだろうね。

がんばろうっと。

この雑誌、一部有名本屋で売ってるらしいので、
日本のみなさん、気が向いたら見てみてくだされ。
[PR]
by udanao | 2005-04-29 23:47 | me

umbrico

b0010191_1153612.jpg


大好きだったクラスが今日で終わった。
ゆいトレカが生まれたのもこのクラスだったし、
私が写真を撮り続ける意味について考えさせてくれたのも
この先生だった。
毎週、3時間弱しか会ってないのに、
この先生は私のことをよく見ていてくれたと思う。
大して発言もせず、妙なものを作り続ける私を
暖かく見守っていてくれた。

今日の最後の授業は、各自が街に作品を設置するという課題だった。
必要以上に張り切る生徒たち。
予想外の傑作が並び、
みんなで大爆笑しながら街を歩き回った。
そして、私の番が来て、ゆいのトレカを見せた。
先生は、トレカセットを欲しがってくれた。
「このプリクラの写真を使ったカードが好き」なんて言いつつ。

「なおのこのトレカプロジェクトの裏には
17歳という年齢の儚さ、切なさ、大切さを閉じ込めたい、
という願いがあるんだろうね」
って始めに言ってくれた先生だからこそ、
私が何でこんなに熱心にやってるかわかってるんだろう。

私の作品を初めて見た時、この先生は
「心の傷って、治したり忘れたりするものじゃなくて、
じっくり向き合って考えた向こうに、
何か大事なものを見るためのきっかけだと思うんだ」って
言ってくれた。

いい人に出会えてよかった。
[PR]
by udanao | 2005-04-24 11:26 | art

ゆいの写真を印刷したキャミソール4着を持っていってみた。
クラスのみんなの「今回のなおは何をしでかしたんだ!」
っていう目がおかしい。
キャミソールを壁に貼り出した途端、大興奮のみなさん。

架空のファンメールアドレスを書いた名刺も作った。
「ご自由にお取りください」って書いておいたら、
教授が真っ先に胸ポケットにクリップで留めてくれた。
総勢5人ぐらいの暑苦しい人たちは、クラスが終わるまで、
我が妹をTシャツにつけていてくれた。

協力してくれるってうれしいことだよね。
私のことをよく知らない人も、気にして手伝ってくれる人も、
この怪しいプロジェクトに協力してくれている。

ありがたいものです。

あと2週間でこのクラスも終わる。
日本に帰ったら、妹の撮影でもするかな。
教授が、妹さんによろしくね、ってやたらと言ってくれるのが
なんとも気がかりです。
[PR]
by udanao | 2005-04-13 07:19 | art

空気

b0010191_14271741.jpg


季節が変わったってわかるほどあったかい空気の中で、
ピンク色のドリンクを飲んでみたりしつつ、
妄想話に花を咲かせ、
気付けばモノ作りのアイディアが湧いてる。

沸き上がるわくわく感と、それを語り合える目の前の友。
外にずっといたい、って思わせてくれるこんな天気。
おいしいんだかよくわからないけど、かわいい色の飲み物。

刺激を受ける、なんて当たり前の表現だけど、
今日の空気ほど刺激的なものに触れたのは久しぶり。
まだまだ楽しい事がある気がした。
生み出したいものたくさん。

大切な人たち、音楽、無地のノート、太陽
そんな単純なモノたちが自分のまわりにいてくれるだけで、
きっと人生は盛りだくさんだよな。
[PR]
by udanao | 2005-04-08 14:42 | life