Twitter@udanao


by udanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

japanese

バイトで出会った中国人留学生。
あまりの日本語ぺらぺらさに驚いた。
「マジ、足痛いねぇ」とか普通に言えるあたりに驚く。
2年間語学学校に行った後、今は大学に通ってるらしい。
「留学って大変だよねぇ」とか言い合いながら、
なんかわかりあえる感じが楽しい。

自分はどのぐらい英語が話せてるんだろうねぇ。
彼女の日本語ぐらい話せてたならうれしい。
普通に楽しい事を話して、笑えるぐらいがいいと思った。

こないだ、ある大学の学生新聞をもらってみたら、
留学生特集の記事があった。
留学生たちの写真の下に書かれたキャプションを見ると
「留学に苦楽はつきない」だって。
うまいこと言うもんだ。
[PR]
by udanao | 2005-06-19 23:23 | life

the big issue

b0010191_10533859.jpg


こないだ、バイトでチラシを配った。
そこで、また肥やし発見。

就職セミナーのチラシを配っていたら、
隣でおじさんがthe big issueっていう雑誌を売り出した。
ホームレスの人が生活の自立を目指して売っている雑誌。
200円のその雑誌を一冊売ると、110円の収入があって、
それで暮らしていこう、というシステム。

おじさんは、自転車でやってきて、
私がチラシを配っているすぐ隣に即席雑誌売り場を作った。
整理整頓された雑誌のバックナンバー、
完全に頭に入った各号の内容。
売り場近辺の地図もちゃんと持っていた。
一年半も東京でこの雑誌を売っているらしく、
「渋谷、新宿、銀座の地理なんて覚えちまったよ」と言っては、
道に迷った人たちの案内までしている。
外国人が、ソニービルの場所を聞いてきた時、
私は、あ、通訳すべきか?とこっそり様子を見ていた。
でも、おじさんは、英語で道案内をしていた。
完璧じゃないけど、ちゃんとわかる英語で。

そして、その後、私に向かって、
「学校なんかで教えられなかったけど、
若い頃はいろんな国を回ってたんだよ。
英語もなんとか意思が伝わるぐらいになってさ」と言った。

おじさんは、この雑誌の収入で、
去年の秋からアパートを借りてるらしい。
「よかったよ、冬が来る前に場所が見つかって」って
さりげなく言ってたけど、
それってどのぐらい大変なことだったんだろう。
一冊110円の雑誌の収入から、
自分の住むところと、食べ物と、必要なものを手に入れるって
どんなことなんだろう。

そして、そんなに重大な商品を売りつつ、
チラシ配りがうまくいかない私たちのために
チラシを入れるクリアファイルをくれたり、
立ち位置のアドバイスをくれるっていうのは
どんなにすごいことなんだろう。

そんなことを思いつつ、おじさんと話してた。

http://www.bigissuejapan.com/
[PR]
by udanao | 2005-06-07 10:59 | learn

the big issue

b0010191_10533859.jpg


こないだ、バイトでチラシを配った。
そこで、また肥やし発見。

就職セミナーのチラシを配っていたら、
隣でおじさんがthe big issueっていう雑誌を売り出した。
ホームレスの人が生活の自立を目指して売っている雑誌。
200円のその雑誌を一冊売ると、110円の収入があって、
それで暮らしていこう、というシステム。

おじさんは、自転車でやってきて、
私がチラシを配っているすぐ隣に即席雑誌売り場を作った。
整理整頓された雑誌のバックナンバー、
完全に頭に入った各号の内容。
売り場近辺の地図もちゃんと持っていた。
一年半も東京でこの雑誌を売っているらしく、
「渋谷、新宿、銀座の地理なんて覚えちまったよ」と言っては、
道に迷った人たちの案内までしている。
外国人が、ソニービルの場所を聞いてきた時、
私は、あ、通訳すべきか?とこっそり様子を見ていた。
でも、おじさんは、英語で道案内をしていた。
完璧じゃないけど、ちゃんとわかる英語で。

そして、その後、私に向かって、
「学校なんかで教えられなかったけど、
若い頃はいろんな国を回ってたんだよ。
英語もなんとか意思が伝わるぐらいになってさ」と言った。

おじさんは、この雑誌の収入で、
去年の秋からアパートを借りてるらしい。
「よかったよ、冬が来る前に場所が見つかって」って
さりげなく言ってたけど、それってどのぐらい大変なことだったんだろう。
一冊110円の雑誌の収入から、
自分の住むところと、食べ物と、必要なものを手に入れるって
どんなことなんだろう。

そして、そんなに重大な商品を売りつつ、
チラシ配りがうまくいかない私たちのために
チラシを入れるクリアファイルをくれたり、
立ち位置のアドバイスをくれるっていうのは
どんなにすごいことなんだろう。

そんなことを思いつつ、おじさんと話してた。

http://www.bigissuejapan.com/
[PR]
by udanao | 2005-06-07 10:58 | learn