Twitter@udanao


by udanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

right and left

b0010191_14405580.jpg


日本の能を外国人に紹介するというレクチャーに行き、
面白い話を聞いた。

能のお面は、舞台の上で演じる人がどのように見せるかによって
表情を変える。
うれしさや悲しさも表すことができるし、
悩みも晴れやかな表情も見せることができるそうだ。

お面を彫る人たちにも技巧があり、
顔の左側と右側が少し違って見えるのが美しいお面なんだという。

そして、一番面白いなと思ったのが、
舞台に上がるときと下がる時の話。

能では、お面をつけた演者は舞台の向かって左側から登場する。
なので、観客が見るのはいつでもお面の右側だそうだ。
能のストーリーでは、
悩みをもってあの世に行けない幽霊が登場することが多いので、
お面の右側は困惑し、悩んでいるような表情になっているという。

舞台上ではたいていお坊さんと幽霊のやりとりがあり、
舞台を去る時には幽霊は成仏してまた舞台の左側に帰っていく。
その時お客さんが見るのは、お面の左側のすっきりとした表情なのだそうだ。

そんな話を聞いた後、ヌーについて考えてみた。
ヤツはいつも左側を向いている。
私はこの能面の話は知らなかったし、
自分が右利きだから左向きのヌーが描きやすいのかもしれないけど、
でも、ヌーが困惑して悩みを持っている方の顔ばかりを
みんなに見せていなくてよかった。
いつだってすっきりとして、何かを理解したような顔を見せてきていたなら
よかったと思った。
[PR]
by udanao | 2009-10-27 14:57 | learn