Twitter@udanao


by udanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0010191_16333763.jpg


11月25日から12月の初めまで、台湾の嘉義という町で
滞在制作をすることになりました。
同時に11月30日から12月13日まで個展もあります。

私が台湾を知るきっかけとなった大切な友達の名前と、
この町の名前には同じ「嘉」という漢字が入っていて、
そこで新しい人に出会い、いろんな話をして、
作品について考えるための時間を与えてもらえることが幸せだと思います。
8月の台北の展示で知り合ったキュレーターの方と
言葉にならないものについて考えながら
この数ヶ月ずっと計画をして来て、
やっとこの日が来るのかと感慨深い気もします。

こないだ祖父が言っていたように、先が見えないということは、
だからこそ、誠実に向き合って進んで行けるという
楽しさや喜びがあるのだろうと思います。
先が見えないからこそ、一つ一つのことを積み上げて行って、
その先に見えて来る道を歩んでいきたいと思いながら、
嘉義がどんなところなのか、しっかり味わってきます。
-----------------------------------
宇田奈緒個展「Words Fail Me」(言葉にできないもの)
2013年11月30日(土)-12月13日(金)
10:00-21:00(アーティストトーク11月30日15時より)
会場 碰碰諸羅山(嘉義市新榮路34巷1號2F)
企画 家嘉工作室X碰碰諸羅山
[PR]
by udanao | 2013-11-19 16:44 | show

こことそこ

b0010191_059172.jpg


10日ほど入院していた祖父が無事家に戻って来たので遊びに行ったら、
いつもと変わらないメニューでもてなしてくれた。
祖父が作った鯵のお刺身を食べながら青リンゴサワーを飲み、
唐揚げやポテトサラダを食べて、おなかがいっぱいになった頃に
近くの中華料理屋さんから出前を取る。
昔の思い出話や今の自分達の話をしながら、お茶を飲み、
泣いたり笑ったりしつつ、数時間を過ごす。
そんなささやかな時間があることは実は当たり前ではないと知りながらも、
だからこそ、これからもずっと同じように続いて行けばいいと思う。
奈緒がこれからやろうとしているのは先がわからないことだから、
だからすごく期待しているんだよと言ってもらって、
長い目で物事と向き合うことの大切さを思い知る。

8月から毎日教わっているオンライン中国語レッスンの先生は
2020年のオリンピックの時に日本に来る予定だという。
こないだ私が北京に行った時には先生が北京を案内してくれたので、
2020年には私が東京を案内すると約束した。
今すぐ実現できる約束もあれば、
時間が経たないと叶わない約束もあって、
それでも、また会おうねと言い合えることが幸せだと思う。
北京で先生に会った時も、毎日30分のレッスンも、
いつもいつもあっという間に時間は過ぎて行って、
「あー、いつも時間が足りませんね。楽しかったです」
と言いながら毎日の会話を積み重ねて行く先に、
2020年のオリンピックもあるのだろう。
その時の自分がどうなっているか、今の自分にはよくわからなくて、
まだ見えていないこともたくさんあるけれど、
だからこそ、期待するのだという祖父の言葉がとても心強くて、
毎日を積み重ねて行けば、
先のことはだんだんと見えてくるのだろうと信じようと思った。
[PR]
by udanao | 2013-11-03 01:00 | learn