Twitter@udanao


by udanao
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2005年 01月 30日 ( 1 )

ベネチア

b0010191_846329.jpg


ヴェニスの商人。
名前はずっと知っていたけど、
学校でやることになって先週初めて読んだ。

作品が何年前に作られたとしても、
どんなに時代背景が変わったとしても、
おもしろいものは人を惹き付ける。
スタバで読み出して、気付いた時には最後まで読みきっていた。
時代背景に関しての解説とか、
シェークスピア氏の人生についての解説まで。

そして今日、登場人物の一人である、
シャーロックを主役にした舞台を観て来た。
先生が「特別に$10で観れるから、行ける人は行きなさい」
って勧めていたもの。
役者はたった一人、セットも変わらない舞台なのに、
見終わった後、私は実際にヴェニスに行って来たような気がしていた。
そういえば去年の夏に、あのヴェニスに行ったんだよなぁと思えた。

今日あの空間に集った人みんなが、
ヴェニスの商人というシェークスピア作品を味わった事があって、
その共通の経験を通して、
今の時代に作られた新しい劇を観てるって面白い。
知っている言い回しが出て来ては「ああ、来た来た」と喜び、
新しく付け加えられたシーンを観ては
「本編もあんな展開だったらいいのに」と思う。

自分がただのテキストとして出会ったその本は、
長い間人々がわくわくしつつ読み続けてきた作品なんだよなぁと思う。

学ぶってことは、周りで起こっている出来事を
もっと楽しめる道具を得るってことなんだろう。
近いうちにヴェニスの商人の映画も公開になるらしい。

文学というものも、なかなか楽しいんだねぇ。
[PR]
by udanao | 2005-01-30 09:05 | learn